沿革

 

弊社は大正13年、野渕卯之助個人経営にて発足。
主として松竹直営館(当時の新京極松竹座・松竹京映・京都座など)及び宮川町歌舞練場、弥栄会館を中心に演劇、芝居、日本舞踊、歌謡ショーの舞台装置の製作、運営を手がけてまいりました。
昭和35年経営の合理化を図り、アガタ舞台美術製作所(代表・縣音吉)とし、京都会館の竣工と共に会館の舞台装置運営に進出、
昭和40年京都府立勤労会館、続いて京都府立文化芸術会館と公立ホールの舞台運営にかかわって行くことになりました。
昭和46年4月、株式会社京都舞台美術製作所(資本金200万円、代表取締役・縣真沙子)と改称して組織の充実を図り、
昭和63年8月京都市西京区牛ケ瀬堂田町に製作所を設け、舞台装置製作部門の業務を幅広く行うようになりました。
昭和63年11月には代表取締役に縣季男が就任し業務の拡張をめざし今日に至っています。
平成8年2月商法改正に伴う増資を行いました。